ニキビが出来やすいオイリー肌を綺麗に保つ為にしているこ と

私は頬や顎にニキビができることが多いです。頬や顎にニキビができる理由としてストレスや食生活の乱れが大きな原因なようです。

ニキビができないように朝夜にそれぞれ違うスキンケアアイテムを使用して保湿しています。

朝はアベンヌの化粧水ミストを付けた後、キュレルのボディークリームを使っています。

全身に使えるクリームなので顔にもしっかり使えます。

クリームなのにさっぱりしているので使いやすいです。

夜は、同じくアベンヌの化粧水ミストを付けた後、ちふれの美容液、無印良品の乳液を使用して保湿をしていま
す。このスキンケアを継続することで今までよりもかなりニキビができにくくなった感じがします。

また、ニキビが出来てしまっても治る期間が早くなった気がします。

これらのスキンケアを習慣化するとともに、バランスの良い食事、野菜や果物を多くとる食事、毎日のウォーキングなど健康を保つ生活習慣を心掛けた生活をしています。

これからも自分に合うスキンケアを研究していきたいです。

また、私は昔からオイリー肌でニキビが出来やすく、思春期は特に顔全体にニキビがありました。

20代後半の今でも周りの人と比べると肌荒れ頻度が高いように感じます。

また、毛穴汚れも年齢を重ねるごとに気になってくるようになりました。

20代後半に入り、お肌の曲がり角という言葉もよく耳にするので改めてスキンケアを見直そうと思い、ディアセンシアを一式揃えて使い始めました。

使い心地も良く、肌の安定感も増しました。毛穴汚れには、同じ時期にイソップのクレンジングも使い始め、全体的にトーンアップしたと言われます。

イソップのクレンジングは特に自分でもかなり効果を感じていて、知り合いにも勧めました。

気になっていた肌荒れは全くしなくなったということはありませんが、良いスキンケア用品を揃えたことで意識も変わり、意識的に水を飲む、体を動かす、週に3.4回半身浴をして汗を流すということをするようになり、肌はとても綺麗になりました。

これからも自分に合うスキンケアを研究していきたいです

https://www.pusatbajugamisonline.com/

マスク生活とと肝斑

今年もスギ花粉が悩みの種になる時期が来ましたね。

私の場合は杉の花粉だけではなくヒノキの花粉にもアレルギーがあるので、お花見のシーズンはもちろん、たいてい4月の20日ごろ、場合によってはゴールデンウィークまで花粉症に悩まされるんです。
もうこうなると、夏日もあったりしてマスクにはけっこう暑いです。(コロナのせいで昨夏みなさんも体感されたと思いますが)

しかも、そろそろ花粉症でない皆さんもお気づきかもしれませんが、マスクってずっと着用したままだと肌が荒れるんです。
不織布の繊維がどうもかゆく感じ始められると、お肌が荒れているサインです。
花粉で刺激を受けているところにマスクの線維が擦れてしまって… 敏感になっているので、ちょっとの刺激でも痒くなってしまいます。

実は、ここのところ新型ウィルスのせいで花粉症でない皆さんもマスクをしていて、そのマスクが原因でシミができるひとが増えているそうです。
いわゆる「肝斑(かんぱん)」といわれるシミです。

肝斑と言うのは、目の下あたりから目尻、そして目の横あたりにかけて出てくるシミのこと。
年齢によって出てくると言うの主要な原因ですが、最近はマスクの刺激で乾燥したり擦れてストレスがかかったりしてそれが原因になっているそうなんです。

さらに花粉症のシーズンは花粉による刺激もストレス原因になるので注意したい…とはいってもマスクは今や必須なので素材を選んで刺激を減らしたりクリームでケアすることになります。

エイジングケアで、もともと乾燥はお肌の敵なんです。つまり乾燥するとシワができると言うだけではなくて、乾燥するとそれが刺激になってシミまでできてしまうとから。
意外かもしれませんが、シミができる原因と言うのは紫外線だけではなくて、乾燥や圧力などのストレスも原因になるなるんだそうです。
なのでコロナでマスクが必要とされる間はいつもより余計にお肌のエイジングケアをしたほうがいいみたい。

例えばこんなクリーム見つけました。

ビオテラスNアイセラム。シワとシミの両方ケアしてくれる医薬部成分が配合されたクリームです。
保湿成分もたっぷり配合されてるのでマスクまわりが気になる方にぴったりかも。

ビオテラスNアイセラム,販売店での最安値が知りたい人はこちらのサイトが参考になります。

マイクロニードルって何?

マイクロニードルというのは、最近医療の現場や美容の現場で使われている微細な針のこと。実際は、そのマイクロニードルがびっしり並んだシートを使って、有効成分を肌に注入して直接吸収させる技術のことのこと。針については、薬剤がついた極細の針あるいは薬剤自体を形成して作ってしまった結晶の針だそうで。この微細な1本1本が肌に刺さって、そこから肌の下に薬剤などが吸収されると言う技術だそうです。これはもともとは「痛くない注射」を目指して開発されたようですが、ここ数年、美容の分野に取り入れられてとても流行っています。つまり、マイクロニードルを使ったシートをパックのように使って、寝ている間に美容成分をお肌に直接送り込むという技術が注目されています。
皆さんもネット広告で画像を見たこともあるんじゃないでしょうか。中年の男性あるいは女性が目の下の皮、ちょうど加齢でたるみが現れる部分に絆創膏のようなものを「八」の字形に貼っているインパクトのある写真。アレです。

あれはお肌に潤いを与えるヒアルロン酸を結晶化させて作ったマイクロニードルのシートで、針をいじると並べた人お肌にヒアルロン酸を直接お肌に取り入れてうるおすという新技術なんだそう。なせかというと、ヒアルロン酸は分子量が大きすぎるため、塗っただけではなかなかお肌から吸収させるの難しいものなのだそうです。そこでさっきの技術。ヒアルロン酸を結晶化して微細な針を作り、これを肌に刺したまま一晩寝ることで、ヒアルロン酸をお肌の角質層まで届けられるんだそう。

以前は同様なことをしようと思うと、美容整形外科などでヒアルロン酸を直接注射をしてもらうしかなかったそうで、
それだと費用も時間もかかるし、さらに定期的に通わなければならないそうで、なかなか敷居が高かったんだそうです。それが病院にもいかず自宅でできるとあって人気にで評判に。

お肌のうるおいは若見えと関係しているそうで、細菌のエイジングケア化粧品ではヒアルロン酸はもはや必須。それを塗るだけじゃなくもっと直接的に、しかも寝ている間にできるヒアルロン酸補給と言うことでたいへん人気だそうです。

例えばこちらのサイトが参考になります。
https://nanact.org/

再生医療の技術で美容液

再生医療の技術が、いろいろな化粧品にも取り入れられていますね。
今流行りの再生医療の化粧品への応用というのは、ヒト幹細胞培養液をお肌の美容液に入れて、お肌を活性化しようとする動きです。

同じ考え方を、まつげ美容液も取り入れ始めました。新発売になったのが、再生医療の技術の考え方を取り入れたまつげ専用美容液。

まつげ専用美容液っていうのは最近は育毛剤成分だけじゃない。
再生医療の考え方を取り入れたりするんですが、これらをたくさん入れようとすると値段がとても高くなってしまうそう。
残念なことに、やはり再生医療の技術ってまだなかなか値段が高いんですね。

そうは言っても、現代女性のまつげは、かなり傷んでいて、専用美容液は人気のアイテムになってきています。

まつげパーマだったりまつげエクステンションだったりで傷んでしまって、抜けてまばらになったり、
短くなったり。そうでなくてもハリやコシがどんどん失われてしまうことが多いんだとか。
それにビューラーの使い過ぎも。ときどきやっちゃうことがありますよね、「あっ!」と思ったら、挟んで抜けてしまうこと。

まつげがまばらだと、マスカラでボリュームを出そうとしてもやっぱり限界があります。
そこでまつげエクステンションにたよったりするんですが、やっぱりこれもどうしても自まつげを傷めてしまう原因になってしまうんだそうです。

そこでKABA.ちゃんが(ご本人も相当まつ毛に悩んで、実際に100種類以上のまつげ美容液を試されたそうです)新しいまつげ美容液をプロデュースしたことが話題になってます。

再生医療成分であるEGFを贅沢に配合。その他に、普通はまつげ美容液には2種類入っていれば多い方なのに、4種類の育毛剤成分を配合し、その他にもまつ毛の育成に必要な成分たっぷり入れた贅沢成分の美容液になったそう。

この美容液、贅沢成分なので定価もちょっと贅沢ですが、効果が期待できそう。
とりあえず初回のお試しは、初めての人限定で公式サイトで新発売OFFキャンペーン中みたいなのでチェックしてみてくださいね。

<参考> https://www.bushin30years.org/

潤いをキープしながら汚れも落ちるおすすめ洗顔!

私が個人的に意識していることは、汚れは落ちるけれど、顔の皮脂までも摂り過ぎて乾燥しないか、そして手でこすると摩擦で肌によくないので濃密な泡で洗えるかが重要だと思っています。
そのために必要なアイテムはよく泡立てることができるきめの細かい洗顔ネットや手で直接肌に触れなくてもいいような柔らかい動物の毛でできたブラシなんかがいいのかと個人的には思っていて、
やっぱり大体の人の悩みは毛穴の黒ずみなど頑固なよごれだと思うのでそこを重点的に考えて、潤いも失わないような洗顔料と思って私が使っているのが特別な洗顔料になります。

このアイテムは、濃密な泡でクッションのように弾力があり細かい汚れも落としてくれて、潤いもキープしてくれるという点からこの洗顔料がおすすめできます。
使った経緯なんかは単純にCMなんかでやっていて手についた泡が弾力のせいか重力で落ちないところを見て衝撃を受けてその商品を使ってみたのが正直なところです。
様々なタイプの洗顔料がありますが、私は泡立て不要のクレイ系洗顔を使用しています。

泡立てタイプのものは朝時間がない時に焦ってしまいますし、うまく泡立たずに適当になってしまうことも多々ありました。
また、すすぎの際に一見すぐ泡が落ちたように感じても、実はすすぎ残しがあったりなどそれが原因で肌が荒れてしまっていました。
クレイタイプの洗顔を使用した経緯は、ショップのポップで””泡立てのいらない”””汚れを吸着””というキーワードに魅かれたからです。

実際に使用してみると、肌へのなじみも良く洗顔後の乾燥も感じませんでした。
すすぎの際は、必然的にクレイ独特のぬめりを感じなくなるまで行うということができるので、すすぎ残しも無くなっているのか肌トラブルが改善しました。
敏感肌の自分には合っていたアイテムだと思います。洗顔料を選ぶ際には、自分の肌タイプに合った洗顔料の使用とすすぎ残しの無い様に十分に洗い落とす事が重要だと考えます。
入浴中に洗顔をする場合は、シャンプー・トリートメントが顔にかかる事も想定し、洗う順番を頭→顔にすると良いと思います。

ポラッシュの口コミでは効果的だったと太鼓判!

血行不良と肌

血行が悪くなると、皮膚に酸素や栄養が届きにくくなるようです。
肌をすこやかに育むためには、酸素や栄養素が必要ですよね。

それらを肌の細胞に届けているのは、肌の内側に網目のように張りめぐらされた血管なんです。
心臓から送り出された血液を運ぶ血管は、末端に行くにつれてしだいに細くなって、最終的に細い毛細血管になります。
その細さは直径0.01mmなんだそうです。
髪の毛の5分の1ほどしかないようです。

しかし、、この毛細血管がきわめて重要な役割を果たしているようなんです。

その役割のひとつは、肌の細胞のすみずみまで酸素と栄養を送ることのようです。
そしてもうひとつは、不要になった二酸化炭素と老廃物を回収することなんだそうです。
この代謝がスムーズに行われることで、健康な肌が維持されているんだそうです。
ところが、加齢とともに血行は悪くなってしまいます。

そうすると、肌の細胞に酸素や栄養が行き届きにくくなるため、老廃物がたまってしまいます。
その結果、肌老化が進んでしまい、くすみや乾燥が起こりやすくなってしまうようです。

加齢で血行が悪くなると肌の衰えが促進されてしまいます。

老化とともに血管が硬くもろくなって、血行が悪くなります。
これは血管もコラーゲンなどのタンパク質でできていて、それが弾力を失うためなんです。

また、加齢で筋力が減ることも血行不良の原因になります。
筋肉が動いて収縮するときに血管がめぐるからのようです。
前の方で言ったように、血行が悪くなると、肌に充分な酸素と栄養が届きにくくなります。

そのために、ターンオーバーが阻害されて、またコラーゲンがつくられる量も減って結果として肌の老化が加速されてしまいます。
血行不良を起こす原因として加齢の他に運動不足、喫煙、不規則な生活、体を冷やすことなどがあります。
これらに気を付けて血行を維持することが肌にも体にも大切ですね。

私は血行不良にならないように週に3日はウォーキングをしています。
歩くスピードは普通に歩くよりは少し早めに歩くのと、少し大股で歩くことを心がけて歩いています。

また、肌の内面はウォーキングで肌の外側のケアとして美顔器を使うようになりました。

前から美顔器は気になっていたんですけど、金属アレルギーが少しあって美顔器を使うと肌が赤くなってしまっていました。

でも今使っている美顔器はヘッドの部分がシリコンなので肌にやさしく、私のような金属アレルギーな人でも使える美顔器なんです。
この美顔器にたどり着くまで、かなり探して、やっとネットで見つけました。

私が使っている肌にやさしい美顔器、良かったら試してみてくださいね。

大声で歌うことは美容にも健康にも良いのでは

あなたのストレスの原因は何ですかと言われたら、自己嫌悪です。
私は夫が育児に非協力的なため、ほぼワンオペとなっており、育児をなめていたのか自分の出来なさ加減にストレスを感じます。
そんな時のストレス解消法は、とにかく大声で歌うこと。
ストレスが溜まってくると、叫びたくなったり、大声で吠えたくなります。

コロナ前はよくヒトカラ(ひとりカラオケ)に行っていました。
誰に気兼ねすることなく、好きな曲を大声で多少ハズしても気にしなくて済むからです。
もちろん、友人と行くときもありました。
その時は、その場に合った曲、かつ自分が歌いたい曲を選んでいました。

コロナ禍では、カラオケに行きづらいということもあり、車の中で好きな曲をかけながら歌って発散しています。
通勤や子供の送迎のため毎日20分ほど車に乗ります。
子供と一緒の時は、子供が好きなディズニーの曲などを一緒に歌ったり、ハモリを楽しんだりしています。
一人の時は、ロック、J-POP、アニメソングと節操なくその時の気分で歌いたい歌を大声で歌います。
幸いコロナ禍でマスクをしているので、大きな口を開けても誰かに見られることもなく安心です。

窓を開けないようにすることだけを気にしています。
多少呼吸が苦しいのもありますが、気にせず歌えます。
ストレス解消効果として、歌い終わった時は、気分爽快でスッキリとしています。

さらに感情移入して歌うと、達成感のようなものを感じます。
歌うことで顔の筋肉が動くのか、脳内から何かの物質が出ているのかはわかりませんが、リッラクス効果もある気がします。
また腹筋を使うので、心地よい疲労感みたいなものも感じられ、軽い運動をした感覚になります。
スッキリ感の持続性はあまりないので、毎日少しずつ歌を歌って、ストレスを溜めないようにしていきたいです。
曲によってはその時の思い出も一緒によみがえり、気持ちも新たにまた頑張ろうと思えるのも効果の一つだと思います。

いま以上にキレイをもたらすオールインワンゲル