Archives 2月 2021

マイクロニードルって何?

マイクロニードルというのは、最近医療の現場や美容の現場で使われている微細な針のこと。実際は、そのマイクロニードルがびっしり並んだシートを使って、有効成分を肌に注入して直接吸収させる技術のことのこと。針については、薬剤がついた極細の針あるいは薬剤自体を形成して作ってしまった結晶の針だそうで。この微細な1本1本が肌に刺さって、そこから肌の下に薬剤などが吸収されると言う技術だそうです。これはもともとは「痛くない注射」を目指して開発されたようですが、ここ数年、美容の分野に取り入れられてとても流行っています。つまり、マイクロニードルを使ったシートをパックのように使って、寝ている間に美容成分をお肌に直接送り込むという技術が注目されています。
皆さんもネット広告で画像を見たこともあるんじゃないでしょうか。中年の男性あるいは女性が目の下の皮、ちょうど加齢でたるみが現れる部分に絆創膏のようなものを「八」の字形に貼っているインパクトのある写真。アレです。

あれはお肌に潤いを与えるヒアルロン酸を結晶化させて作ったマイクロニードルのシートで、針をいじると並べた人お肌にヒアルロン酸を直接お肌に取り入れてうるおすという新技術なんだそう。なせかというと、ヒアルロン酸は分子量が大きすぎるため、塗っただけではなかなかお肌から吸収させるの難しいものなのだそうです。そこでさっきの技術。ヒアルロン酸を結晶化して微細な針を作り、これを肌に刺したまま一晩寝ることで、ヒアルロン酸をお肌の角質層まで届けられるんだそう。

以前は同様なことをしようと思うと、美容整形外科などでヒアルロン酸を直接注射をしてもらうしかなかったそうで、
それだと費用も時間もかかるし、さらに定期的に通わなければならないそうで、なかなか敷居が高かったんだそうです。それが病院にもいかず自宅でできるとあって人気にで評判に。

お肌のうるおいは若見えと関係しているそうで、細菌のエイジングケア化粧品ではヒアルロン酸はもはや必須。それを塗るだけじゃなくもっと直接的に、しかも寝ている間にできるヒアルロン酸補給と言うことでたいへん人気だそうです。

例えばこちらのサイトが参考になります。
https://nanact.org/