Archives 7月 2022

歯磨きグッズは質が良いものを選ぶことで歯と歯茎の状態が良くなる

若い頃は普通に歯を磨いているだけで歯の色は白くそれについての問題はありませんでした。歯が黄ばんでいるという感じもしなかったですし人に歯の色について指摘されたこともありませんでした。歯並びは八重歯が少し飛び出ているせいでちょっとがたつきが気になりますが、歯の色については悩みがなかったのです。

その当時使っていた歯磨きペーストは本当に安いものでした。300円くらいの歯磨きペーストしか買ったことがなく、その歯磨きペーストはいつも1ヶ月以上もっていたので歯磨きにお金は必要ないというかほとんど歯にお金をかけていませんでした。

それではいけないと思ったのは「どうして歯磨きペーストがピンからキリまであるのか?」を考えたとき。300円の歯磨きペーストから1500円程度の歯磨きペーストまであることを考えたらこのまま安物ばかり使っていてはいけないと思いました。

確信があったわけじゃないけれどカンですね・・・。

歯の色を保つことと歯茎の状態を改善するためには安物ばかり使っていてはいけないと思い歯磨きグッズにお金を使うようにしました。今では歯磨きペーストは売り場で1番高いものを選ぶことが増えましたし歯ブラシも安物は使わなくなりましたよ。

オーラルケアに力を入れ始めると自然と商品を見る目も養われているのがわかります。

例えば、国民病とも言われている歯周病。

こちらの対策をしたいためにどんな商品があるのか、そしてどんな成分が入っていることが条件なのかという点でも圧倒的に知識が上積みされました。

また歯を綺麗にしたい!と願う方は多いですが、普段から気を遣っているかというとそうではないと思います。

ふと今思ってすぐに白くしたいと願っているのではないでしょうか。

そもそも歯を白くしたい!という願いを思っていない人たちというのは普段から丁寧に磨いているしある程度効果が期待できる納得ができる製品を使っているものです。

安直に黄ばみを研磨剤でゴシゴシと取り除いてしまおうという考えているなら普段の食生活や歯磨きの方法など身近な点から見直しをお勧めします。

どうしても歯茎が腫れやすい、血が出るというのなら歯医者さんで診てもらい必要な歯磨き粉から始めるのもとても良い方法です。

自身で歯磨きを比較したり取捨選択するならしっかりと書かれているところを参考にしてみてはいかがでしょうか。

私はこちらを参考にしてよい歯磨き粉選びが叶っています。
https://cwill.main.jp/